• トップ /
  • 賃貸借契約で困ったら弁護士へ

賃貸問題は弁護士に相談して解決

賃貸物件は、所有者と賃借人の利害が時に衝突するため、様々なトラブルに見舞われます。こうした問題の厄介な点は、当事者の言い分が一度食い違うと、両者が納得できる回答が得にくいところです。利害の衝突する当事者では解決できない問題は専門家の力を借りるのがベストでしょう。賃貸問題に詳しい弁護士に相談すれば、最善のアドバイスをしてくれますし、依頼すれば相手方と交渉もしてくれるでしょう。相手方も法律知識に詳しい弁護士が仲介に入るならば、無理に自分の正当性を主張せず穏やかな話し合いができます。賃貸契約でよくある問題が、退去費用の請求です。経年劣化によるキズ等は家主の負担なのですが、それらを退去者に求めるというものです。賃借人は何年も暮らし、どの箇所が自分の責任によるキズ等で、どの箇所が経年劣化によるものか証明することが難しく、まして法律に詳しいわけではないので泣き寝入りも少なくありません。ただ、こうした問題の基準は法律である程度決められていますから、すぐに諦めず無料法律相談などを利用して一度は弁護士に尋ねてみると良いでしょう。賃貸物件の所有者は、賃借人よりも少しは賃貸に関する法律に長じていますから、無理を承知で費用請求する場合も考えられます。また逆に賃借人の契約不履行の場合もあるでしょう。お互いが気持ち良く生活するためにも、専門家への相談は必要です。

弁護士の基本情報

↑PAGE TOP